規格の概要

ISO45001規格は、労働災害・疾病の防止を目指すもので、2018年3月12日ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム規格-要求事項及び利用の手引)が発行されました。「意図した成果」として、以下の3項目を明確にする必要があります。

a) 労働安全衛生パフォーマンスの継続的な改善
b) 法的要求事項及びその他の要求事項を満たすこと
c) 労働安全衛生目標の達成

OHSAS 18001からISO45001へ

現行のOHSAS18001は、2021年3月に廃止となります。
OHSAS18001の認証取得企業は、それまでにISO45001に移行する必要があります。

対象組織

業種・業態を限らず、あらゆる職場を対象としております。
たとえば、建設業、製造業をはじめ、運送・接客などのサービス業

認証取得から得られるメリット

  1. 良好な職場環境が得られる。
  2. 安全にかかわる経営姿勢を内外に周知できる。
  3. 利害関係者(取引先、従業員の家族など)からの信頼が確保できる。
  4. 第三者の目から自社の安全の向上に繋げることができる。