「SDGs( 持続可能な開発目標)」は、2015 年の国連サミットにおいて採択され、2030 年までに達成する17 の目標、
169 のターゲットで構成されています。様々な組織でSDGs に対する活動が行われておりますが、SDGs には、規格の
ような基準が存在しません。                                        

   

日科技連では、「SDGs Compass」・「GRI STANDARDS」を参考に、独自の評価基準を設定し、企業のSDGs活動に
対する診断を開始いたします。診断結果を用いて、自社のSDGs対応において不足している部分を補っていただく等、
SDGsの有効的な活動にお役立てください。                                   
「SDGs診断のご案内」(PDFファイル)>

こんな企業様におすすめ

現在、SDGsに対する活動に取り組まれており、
・自社のSDGsへの取り組み状況について知りたい
・自社のマネジメントシステムを有効活用してSDGsに取り組みたい
・SDGsの活動を通して、自社のマネジメントシステムの有効性向上を図りたい
とお考えの企業様

専門的かつ詳細な診断

  1. SDGs を研究している大学から1 名、SDGs を積極的に活動している産業界から1名による
     2名体制での診断を実施
  2. 国際的なフレームワークを参考にし、詳細な診断項目を策定
    ●診断項目は、「GRIスタンダード」を基軸に、「国連グローバル・コンパクトの4分野10原則」や
     「ISO26000:2010 社会的責任の手引き(ガイダンス規格)」、「ISO20400:2017 持続可能な
     調達の手引き(ガイダンス規格)」、「国際統合報告フレームワーク(IIRC)」、「TCFD提言」
     などを参考に策定しています。
    ●日科技連独自のチェックリストを用い、各目標、ターゲットごとに細かく現状を診断します。

お申込み~実施までの流れ